着色料や植物染料を使う美容カラー

着色料や植物染料を使う美容カラー

着色料や植物染料を使う美容カラー

ヘアカラーである白髪染めやヘアマニキュアの他にも「着色料」や「植物染料」を使って染める、と言う方法も有ります。着色料の方はスプレータイプやスティックタイプがあります。これはヘアマニキュアと同じように髪の表面に色を付けるものです。ヘアマニキュアのように内部に浸透させるものではないので、表面に色がついているだけの状態になります。ですから雨などで濡れただけでも色は落ちます。美髪を目指せる美容室落ちた色が衣服に付いたりするので雨の日の外出時はお勧めできない方法です。ですがヘアカラーやヘアマニキュアに比べてダメージがないのはありがたい事です。またダメージを考えるならば、植物染料がいいですね。天然の植物成分炉利用して、髪の内部のタンパク質に植物の成分が結びついて発色させる、と言う方法です。インドの染料や、ヘナなどが良く知られています。千葉 美容室では以前に使っていたみたいですね。ただ天然成分なので、染まりにくいので、何度か繰り返して継続的に使用しなくては効果がありません。まが天然色なので色のバリエーションが少ないのも残念です。色持ちは1〜2か月程度なので、ヘアマニキュアと同じかもう少し短いサイクルで染めなくてはなりませんね。ただ化学染料ではないので、髪が染まると言う以外にもトリートメントの効果も有ると言われています。