着色料や植物染料を使う美容カラー

染め方の違い

着色料や植物染料を使う美容カラー

カラー、ヘアマニキュア、ヘナカラーなどは、染める時に使う液剤や薬剤自体の違いによる名称でしたが、美容室でカラーをする時には、どの部分を染めるか、とかどんなふうに染めるか、と言う事でも名称がちがっています。たとえば、リタッチ、ワンタッチ、ホイルカラーのような名称です。リタッチとは、関内 ネイルサロンで既に一度全体を染めたのだけれども、だんだんと伸びてきて頭頂部だけが地毛の色なので、その部分だけを染めて自然に色がつながるようにするために行うカラーです。主に長さ5センチ以内がリタッチと呼ばれて通常のカラーよりも料金が安くて済みます。ワンタッチと呼ばれるのは、一度に同色で根元から毛先まで全部をそめる事です。普通にカラーリングといえば、このタイプになりますね。これに対して、ツータッチ、と言えばその名の通り二回に分けて染める方法です。根元と毛先で薬液の調合や放置する時間を変えて染めます。ホイルカラーとは何種類かの色で染める事で、明るさとか色合いを変えて、筋が入ったような仕上がりにする事です。美容室のメニューでは、例えばヘアカラーでもリタッチとワンタッチとでは料金設定が違ってきます。メニュー表示にはヘアカラー(リタッチ)のような表記になっているでしょう。