着色料や植物染料を使う美容カラー

もっともやさしいヘナ

着色料や植物染料を使う美容カラー

白髪を染める時の方法として比較的髪へのダメージが少ないのはヘアマニキュアか植物染料なのですが、中でも最も髪に優しいのはヘナだと思われます。ヘナは植物に含まれる色素で白髪を染めるので、化学染料を全く使いません。ですから髪に優しいんですね。またトリートメント効果が大きいのもメリットです。髪の傷みを一番に考えるならばこのヘナを使って染めるのが一番良いでしょう。ただ天然の色しかありませんので、色を選ぶことができません。また自分で染めるとなると少しコツがいるようですから、大抵の場合は美容室にお任せするのが良いと思います。ただ自然な物はいつでも他と比べて値段が高いのと同じように、ヘナも料金的には高くなります。またヘアカラーである白髪染めと比べるとやはり色の持ちは短くなります。ですが繰り返して染めたとしても、自然のものを繰り返し使うので、髪の毛はのダメージは少なくてすみます。髪の毛の健康を重視したい人、すでにパーマやカラーの繰り返しでダメージの大きい人などは、このヘナを選ぶことでダメージを最小限に抑える事が可能になります。またヘナは染まりにくいと言う事も有り、川口 美容室で初めてヘナで染めた時には満足できなくて諦めてしまう人もいるのですが、これもヘナの特徴です。二回目、三回目と染めるうちに落ち着いてきます。